usagiMark photo

Theater photographer

簡単なプロフィール


ご覧いただきありがとうございます。

usagiMark photo 伊能武生と申します。

「そこにいきる」をテーマに、人・地域の文化や魅力を写真で伝えます。

小劇場での演劇舞台写真を中心に、北海道内市町村・観光協会様のSNSやウェブサイト(HP)用の写真、個人様のポートレート、企業様のSNSやウェブサイト用の写真を撮影しています。


これまで北海道内の観光施設にて、10年に渡り広報・広告業務を担当。

SNSやウェブサイトで使用する写真の撮影ならびに、SNSやウェブサイトの制作・運用をおこなっていました。

そのため、動物・ガーデン・風景など、北海道観光のイメージ写真の撮影経験も豊富です。

*専門誌、雑誌、新聞、フライヤー、ウェブサイト等での掲載(使用)実績あり


舞台撮影で大切にしているのは、俳優さん(の顔の表情)を撮るのは勿論ですが、俳優さんの身体的な動きとか照明を始めとした舞台美術(舞台装置)とかその舞台の趣きをも切り撮ること。

「そこに生きている(活きている)、起こっている事を確と撮ること」です。

動物が好きです

特にうさぎが好きで18年以上一緒に暮らしています。

初代愛兎 ポンデくんは15歳6ヶ月(うさぎとしては超ご長寿)でお月様に還りました。

現在は二代目愛兎 おもちくんと暮らしています。

usagiMark photo のロゴマークには2兎が仲良く並んでいます。(向かって左がポンデくん、右がおもちくん)

このロゴは 、うさぎイラストレーターの 森山標子さんにつくっていただきました。

趣味

うさぎの召使い、ちょい旅、動物との対話

うさぎさんの身の回りのお世話ができることが喜び。

北海道に移り住んで20年、ようやく最北端と最東端に行くことができました。

2024年は北海道最南端と最西端に行ってみたいと思っています。


ときどき役者

舞台や映像作品、ラジオCMなどにも、ときどき役者として出演しています。


好きな言葉

「実行のともなわない夢は夢と呼ばない」